LEDを使った育毛研究盛ん、アデランスが家庭用育毛機開発

産学において発光ダイオード(LED)を使った育毛効果の研究が盛んだ。髪の毛に必要な光波長を青色や赤色の発光ダイオード(LED)で照射することで、育毛作用を検証し育毛機などに応用開発するもの。

株式会社アデランス(東京都新宿区)との共同研究パートナーである大阪大学大学院医学系研究グループは、赤色LEDの毛成長への影響のメカニズムを調べる目的で、培養ヒト毛乳頭細胞に赤色LEDを照射した後に細胞を回収し、RNAやmRNAを抽出してどのような因子が増減しているのかを調べた。毛成長に影響を及ぼす増殖因子のなかでも幹細胞増殖因子(HGF)、脂肪制御ホルモン(Leptin)、血管内比細胞増殖因子(VEGF-A)といった物質の濃度が有意に上昇していることがわかった。その結果、赤色LEDは、毛乳頭からの増殖因子の分泌を刺激し、毛成長を促進していると考えられるとしている。

この赤色LEDを活用した共同研究の中からアデランスは、ヘルメット型のホームケア用育毛機器「ヘアリプロエルイーディープレミアム」(写真)を開発した。
ヘアリプロLEDプレミアムには、630mmの波長を放出する赤色LEDが80個ついている。へアリプロLEDプレミアムを被ると裏側に装着された光源から頭皮に向かって一斉に赤色の光が照射される。赤色の光を頭皮に照射することで、毛乳頭にあるHGFなどの成長因子を増やし発毛促進するというもの。昨年の11月からアデランスのサロン店と通販で販売を始めている。

また、株式会社ナリス化粧品(大阪府大阪市)は、光による皮膚の細胞賦活機能を持つ美顔器の研究開発を進める過程で、青色LEDが他の赤や黄、オレンジなどの光とは異なる肌への影響に着目。その結果、青色LEDが体毛・毛髪の双方に育毛作用を示すなど複数のタイプの薄毛改善作用を確認した。
この研究成果については、第35回日本美容皮膚科学会学術大会(7月29~30日)で発表し、優秀演題賞を受賞している。
同社は、皮膚や毛髪における青色LEDの受光メカニズムや様々な薄毛のタイプに作用するかどうかなどさらに研究を進めている

Read More